ファーストフードは今すぐに辞めるべき?健康への影響を解説!

ba-ga-

ファーストフードって誰もが一度は食べたことのある、
そして、もしかすると今日も食べたかもしれない・・というほど、私達の食生活に入り込んでいます。

駅の近くには大手ファーストフード店が立ち並び、美味しく手軽にそして、安く食事を済ませる事ができます。

 

しかし、近年問題になっているのが、健康問題

今まではあまり明らかにされていませんでしたが、最近では材料の原産地や添加物などが明らかにされていて、懸念する声も多くあります

さて、実際にファーストフードとはどれぐらい体に影響があるのかを
検証してみました。

 

ファーストフードはどこからどこまで?

 

ファーストフードとは、そもそもどこからどこまでの事を言うのでしょうか?

 

例えば、マクドナルドや吉野家などは有名ですが、他でいうと、
『立ち食いそば系』『サブウェイ』『ピザーラ』『ロッテリア』『ミスタードーナツ』などが当てはまります。

ファーストフード店の共通点として挙げられるのが、
・安く
・美味しく
・早い

というものですが、個人差はありますが全て当てはまっていますね。

 

ただ、これらのファーストフード店の長所というのは、
あくまでも消費者側から見た時の利点です。

逆を返せば販売社からすると、『安い』というのはデメリットになります。

しかし会社である以上、利益を出さなければいけないので、
当然、原価は提供している値段以下という事になるので、健康問題が浮き彫りになってきました。

 

ファーストフードは何がダメなの?

 

「ファーストフードは健康に悪い!!」と言われていますが、具体的には何がダメなのでしょう?

Kathleen Sebelius

安全性

 

ファーストフードは早くお客様に提供する為に、時短を意識します。

その為に、サラダはカットされた状態で支店に保管され、
ポテトなども揚げるだけで提供できるようにされています。

 

つまり、注文されてから作るのではなく、
ある程度できあがった状態のものを食べられる状態にして提供されているわけです。

なので、すでにある程度出来上がった状態で保管しておく必要があります

その際に、移動中に傷んだり、腐ったりしないように、
食品が腐らないように添加物が加えられているものが多く、それが健康面を考えると体にはよくありません。

 

食品を腐った状態で提供する事は絶対にNGなので、
それを防ぐ為に体に悪い保存料を使って、腐らせないようにしているという事ですね。

 

マクドナルドになると、各駅に1つはあるのではないか?
というぐらい店舗がありますが、今までに食品が傷んでいたり、腐っているなどの問題がほとんど出ないのはここに原因があると思います。

 

中毒性

 

ファーストフードは脂肪分や塩分、糖分が多く、
栄養価値が低い食べ物として知られています。

人間はその昔、狩りの時代で今のように食べたい時にいつでも食事が食べられるという時代ではありませんでした。

 

獲物を狩れなければ食事はなし。

そんな時代は、脂肪分と糖分は物凄く貴重でとにかく摂取しておくような体にできているというのがアメリカの研究で明らかになっているそうです。

 

確かに、ステーキの脂肪の部分とか食べたくなっちゃいますよね!

 

そのような人間の心理を逆に生かし、ある意味でファーストフードに中毒性を持たせることで、お客さんがリピーターになり、安くてもなんども足を運んでもらう事で会社の売上を保っているのかもしれません。

 

とにかく、ファーストフードは糖分、塩分、脂肪分、が必要以上に含まれていて、中毒性があります。

 

コスト

今は、100円でハンバーガーが食べられる時代ですが、
それはつまり原価はそれ以下という事になります。

パン2枚にお肉が挟まっていて、キャベツもあって100円。

 

という事は、お肉の原価ってかなり安い事は予想できます。

一時期噂になった「ピンクスライム肉」なんかは、家畜のエサ用の安いお肉を洗剤で洗い、菌を完全に殺してから、お肉っぽい色に色付けして、食品添加物で肉の味に近づけていくというものでした。

suraimuniku

これが実際に行われているかどうかはわかりませんが、
おそらく近い事はされているんじゃないかなと思います。

100円の回転寿司で『いくら』とか『まぐろ』
とかちょっとおかしいなと感じますよね。

 

そういうものはおそらく、それっぽいものに味つけしているだけなのかもしれません。

全てとは言い切れませんが、海外では回転寿司でそのような事が
あったと報じられています。

 

ファーストフードとの付き合い方

 

この記事を読むと、ファーストフードには絶対に行かない!!

という人も出てくるかもしれませんが、バランスが大事だと思います。

 

私は基本的に自分からファーストフード店に行くことはないですが、
友人に誘われた時だけ行くとか、半年に1回は行くなど、バランス良く付き合えば、それはそれで良いのではないかと思います。

 

食事というのは、気にすればいくらでも気になってしまう事ができるので、
ある程度の知識を持った上で、神経質にならずに生活していく事が重要です。

食べないに越した事はありませんが、制限してストレスを貯めるぐらいなら息抜き程度に食べに行ってバランス良く行きましょう!

コメントを残す