カジノ側が儲かる5つの仕組みを徹底分析!実際にカジノで勝つための方法とは

lakonp

「日本でも九州かお台場あたりにできるのでは?」と言われているカジノですが、日本人ってギャンブル好きの人が多いですよね!

基本的には賭博は法律違反ですが、競艇・パチンコなど合法的に認められている賭け事もあり、海外ではカジノが認められてる所もあります。

 

しかし、カジノって物凄く儲かっているという話しを聞きますし、実際に日本も2020年のオリンピック開催に合わせてカジノを作ろうとしていますが、なぜギャンブルなのに必ずカジノ側が儲かるのでしょうか?

 

逆に言えば、我々がカジノをやっても、
合計金額で勝ち越すことはできないのでしょうか?

今回はカジノ側が儲かっている理由私達がカジノで勝ち越す方法を調査しました!

 

カジノ側が儲かる理由

 

『カジノ』 と一言で言うと、プレイヤー側からすればギャンブルですが、
カジノ側からすればビジネスです。

 

日本でもカジノ法案を通す為に、クリアなイメージを打ち出したり、
カジノ周りの治安を良くしたりなど、様々な工夫がなされています。

また、それと同様にカジノ側が必ず儲かり続けるような工夫もされています。

 

控除率(ハウスエッジ)

 

控除率、これは手数料の事です。

例えば、ルーレットで赤か黒かに賭けた場合、
勝率は2分の1(厳密には赤でも黒でもない0と00があるので少しカジノ側が有利)ですが、勝ってチップを現金に戻す際にこの手数料が取られます。

chippu

そのため、手数料のお金を引かれてしまうので、現金をチップに変えた瞬間からカジノ側が少し有利になっています。

なお、この控除率はカジノに限らず、競艇や宝くじなどのギャンブルをする側の儲けになっています。

 

ものによって、率は違いますが、宝くじだと50%なので、
ハッキリ言うと、ほとんど当たる確率は見込めないとか・・。

よく言われる例としては、宝くじで1億円が当たる確率は、
飛行機に雷が落ちる確率よりも低いそうです。

 

自分の知り合いに乗っている飛行機に雷が落ちた事のある人はいないですよね・・?

ということは、それほど確率は低いと言い切れてしまいます。

 

ゲームの勝率

 

カジノでは、ほとんどのゲームがカジノ側が少しだけ有利なように出来ています。

先ほど例で出した、ルーレットがそうですね。

casino

他にもブラックジャックだと、お互いが21を超えた時は、引き分けではなくディーラー側の勝ちとルールが設定されている所でわずかにカジノが有利にできています

 

カジノ側はこのわずかな有利を活かして儲けているので、
なるべく多くのプレイをして、わずかに有利なカジノ側が勝つようにしています。

だから、カジノは深夜も営業しているとか・・!

 

ディーラーの腕

 

カジノはほとんどのゲームが『ディーラー』VS『プレイヤー』です。

つまり、ディーラーの腕は物凄く重要なので、
多くの時間をかけてプロのディーラーになります。

 

なので、ディーラーはルーレットだと自分の思った通りの所に入れる事ができるぐらいの腕は持っています。

(※ルーレットをやる際は必ずディーラーが投げてからベットする方を決める!)

 

また、カジノは心理戦と言われるぐらいに、
ブラックジャックなどはディーラーとの心理戦になります。

そういった場でも毎日客と心理戦を繰り広げているディーラーは我々よりも経験値が上なだけに勝つ事は難しくなっています。

 

カジノの心理誘導

 

実際にカジノに行った事のある人はわかると思いますが、
私は初めてカジノに行った時、カジノに入った瞬間に『寒い』と感じました。

 

フィリピンは年中暑いこともあって、私は半袖で入ったのですが、
カジノは寒く、次第に震えてきました。

この震えは、初めてのカジノに対する興奮なのか寒さからくるものなのかはわからなかったですが、はっきりと「これが心理誘導か」と感じることができました。

casino1

なので、プレイするのはこの震えが止まってからにしようと思い、
カジノに入ってから約1時間が経過してからプレイを始めました。

ちなみに、一緒に行った人も口を揃えて「寒い」と言っていました。

 

これはあくまでも私の体験談ですが、
カジノはその他にも色々な心理的誘導をしていました。

例えば、チップ。

 

現金だと金銭感覚がしっかりとありますが、
チップだとはっきりとした金銭感覚がなくなります

なので、ここぞという時に踏ん切りよく掛けてしまいますし、
せっかくのカジノという事も手伝ってか、どんどん使ってしまいます。

 

このようなカジノ全体での工夫によって、カジノ側が儲かるように出来ています。

 

人間の心理

人間は勝っている時は、「もっと勝ちたい!」と思ってしまい、
負けている時は「元あった金額までは稼いで±0にしたい」と考えてしまう生き物です。

 

ただ、カジノはやればやるほど確率的にカジノ側が儲かるように出来ているゲームなので、これが負けを呼んでしまいます。

 

さて、それではこれらを振り返って、カジノで勝つ方法を見てみましょう!

 

カジノで勝つために

 

上に挙げた例は全て事実です。

これらの事を考えると、カジノは「パッと賭けてサッと退散するのがベスト」です。

 

つまり、ゲームが長引けば長引くほど、カジノ側の有利になってしまう為に、
短時間でプレイをして、自分が1番ツイていると感じた瞬間に辞めるのがベストです。

もちろんこれは、私の導き出したカジノでの勝ち方ですが、
実際、なんとも悲しいやり方ではありますよね。笑

 

じゃあ、実際にカジノで勝ち続けている人からやり方を学ぼう!という事で、『ハイローラー』と呼ばれるプロのカジノプレイヤーの方が書いた本があります。

和田文久さんという日本人のハイローラーの方なのですが、私が勝つ方法で紹介したやり方とは全く逆で、「とにかく粘る」というやり方をされています。

タイトル通りの戦略ですね。

 

他にも、VIPプレイヤーの人たちだけが受ける事のできるカジノ側からの待遇なども事細かに書いてあったり、1回の賭け金が600万円のゲームでの緊張感など、とんでもない世界を見ることができるので、気になる方は是非読んでみてください!

 

というわけで今回はカジノ側が儲かる仕組みについてでした。

これをわかった上で、遊び程度、もしくは負けて本業に専念するというのがカジノでの正しい遊び方なのかもしれませんね!

コメントを残す